1989年創業 F1グッズとF1ミニカー専門店 F1ショップグランプリ

052-262-8139 営業時間:12:00~19:00 定休日:火・水曜日
メニュー

F1ショップグランプリ

GP CAR STORY Vol.48 BAR006・HONDA 特集: BAR・HONDA006

価格: ¥1,350 (税込)
[ポイント還元 13ポイント~]
数量:
在庫:

twitter



GP CAR STORY Vol.48 BAR006・HONDA 特集: BAR・HONDA006



千辛万苦のホンダ三期に差し込んだ一筋の光

1950年から始まったF1グランプリの歴史の中で、
2004年シーズン以上に日本人ドライバーが勝利に近づいた瞬間はなかった。
佐藤琢磨は予選ではシングルポジションの常連、
入賞も複数回、さらに日本人初のフロントロウに、日本人として14年ぶりの表彰台にも立った。

琢磨の僚友ジェンソン・バトンも何度も表彰台フィニッシュを繰り返し、
ふたりが駆るBAR006・ホンダの秘めたるスピードは衝撃的だった。
結果的に優勝こそ逃してしまうが、圧倒的強さを誇示したディフェンディングチャンピオンの


若き日の「小松礼雄」を知る

現在、ハースF1のチーム代表を務める小松礼雄が、
ひとりのF1エンジニアとしてキャリアをスタートさせたチームがBARである。
おそらく当時の彼を知る物は多くはないはずで、
04年当時、若き日の「小松礼雄」を自らが語るインタビューは貴重。のちにルノーへ移籍することで、
そこで得た経験からチャンピオン経験チームと、新興チームの違いを技術者の目線で的確に分析する。
アロンソにあってバトンにかなったものとは……

CONTENTS

1 表紙
2 sense of unity──Prologue
4 目次
6 目をつけられた潜在的速さ──006 Gallery
14 忘れられない感触──佐藤琢磨インタビュー
20 見よ、最前線で示す日本勢の存在感──Flash Back
26 異なる企業文化の狭間で──ジェフ・ウイリス インタビュー
32 006 Variations──レースごとの仕様とモディファイ
42 風洞を近代化せよ──ウイレム・トーエ インタビュー
47 未来を託せる天賦の才──アンドリュー・ショブリン インタビュー
52 ルノーにあって、BARになかったもの。──小松礼雄インタビュー
56 006 Detail File──マシンの細部を探る
64 第三期に轟く“再生”のホンダ・ミュージック 
Voice #01 田辺豊治──存在した車体開発とエンジン開発の壁
67  Voice #02 櫻原一雄──集大成のつもりで開発したRA004E
70  Voice #03 吉野 誠──夢の舞台で戦う多幸感と自責の念と──
73 「0勝」で名門の上に立つ価値──GP Car Column 1
74 ホンダの利益を最大限に──オットマー・サフナウアー インタビュー
78 あれから葉巻きは吸っていない──デビッド・リチャーズ インタビュー
82 今も変わらぬ景色のなかで──GP Car Column 2
84 タイヤが違いを生み出した──アンソニー・デビッドソン インタビュー
88 キャリアの礎を築いたシーズン。──ジェンソン・バトン インタビュー
94 ミハエル圧勝、18戦13勝でV7達成!──2004年のF1世界選手権を振り返る/006全戦績
96 BAR006、全バラ&リビルド大作戦──GP Model Story #38
98 次号予告
99 Epilogue



★当店おすすめ商品一覧 ご一緒にいかがですか ★

通販発送日カレンダー
  • 今日
  • 発送休業日
  • イベント出店・臨時休業日



★臨時休業のお知らせ 6/1 6/20


★店舗休業日:名古屋栄店・通販配送センター 定休日:火・水曜日






ページトップへ